酵素の効率的な使い方

酵素の効率的な使い方

★酵素を作り出す能力には限界だある

それぞれの人間の酵素を作る能力には限りがあります。

 

●消化酵素と代謝酵素は、元は同じ潜在酵素

消化酵素も代謝酵素も元は同じものから分かれたものなので、消化酵素+代謝酵素の量として捉えます。消化酵素ばかりを作っていると、代謝酵素のほうが不足してきます。

 

●代謝酵素とは

代謝酵素は、免疫力や自然治癒力や新陳代謝の働きをする酵素です。

それらの酵素が不足してしまうと、ウイルスなどが侵入してきたとき、免疫力の低下によって、防衛できなくなります。さまざまな病気にかかりやすくなるのです。

meneki_bad

酵素を増やすためには、酵素が豊富に含まれている味噌や納豆などの発酵食品や生野菜、果物を心がけて食べることです。これは食物酵素です。

 

●潜在酵素とは

消化酵素と代謝酵素とに分かれて大切な働きをしていきます。

体内でしか作ることが出来ない潜在酵素は、一日に創り出される量が限られています。また、加齢とともに活性酸素が身体をサビさせて、酵素を作りだす力が弱まっていきます。

 

★代謝酵素を増やすには

睡眠などで体を休めてしっかり酵素をチャージし、できるだけ温存していく工夫をすることが大切になってきます。

酵素の浪費を抑える生活習慣を身につけることが大切です。

消化酵素を食物酵素で出来るだけサポートすることが大切なんですね!!

吸収と代謝の時間をきちんともつことです。これは睡眠時間を含めて、その2時間以上前からは、食べないことが必要です。酵素が生産される時間帯ですから、食べ過ぎてしまうと、反対に酵素が消化に使われてしまうことになります。

適度な運動も必要なことです。特に、ジムに通うとかスポーツをする時間をもつと言うのではなく、毎日のウオーキングなどを生活の中に取り入れることが大切です。ちょっと春来方を意識して行うことで、血のめぐりがよくなって汗腺が開き、老廃物を排出することができます。

 

排泄~栄養補給・消化~吸収・代謝 という1日の身体のサイクルに合わせた生活のリズムを作ることで、酵素を効率よく引き出すことが出来ます。

老化や病気には活性酸素が関わっていますから、活性酸素を取り除く生活習慣も重要なポイントとなります。

illust734_thumb

 

免疫力が高めることで、イキイキ!!ワクワク!!の毎日に~\(^o^)/アンチエイジングも手に入りますよ~!!

meneki_good

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です